MTM SOLARお客様相談センター   0120-622-800

価値ある太陽光導入をバックアップ

再生可能エネルギーの固定価格買取制度
平成24年7月1日から、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まりました。現在はまだコスト高の再生可能エネルギーの普及を社会全体で支え、普及を進めるのが固定価格買取制度で、店舗・事務所・工場・空き地などの非住宅用に設置した太陽光発電システムで発電した電気を、電力会社が一定の期間と価格で買い取ることを義務化。

空きスペースを有効活用して、なっとく!の節税対策、店舗の屋上に設置、空き地に設置工場の屋上に設置、事務所の屋上に設置。平成27年3月末までの買取価格は
以降引き下げられる予定ですので、導入は今がチャンス!! ■ 平成27年度の調達価格 (太陽光発電 1kWh当たり)
 
調達区分 10kW未満
余剰買取 ダブル発電・余剰買取
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
調達価格 33円 35円 27円 29円
調達期間 10年間 10年間 10年間 10年間

※北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、
平成27年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。

調達区分 10kW以上
平成27年4/1~6/30
(利潤配慮期間)
平成27年7/1~
調達価格 29円+税 27円+税
調達期間 20年間 20年間


グリーン投資減税で節税!
産業用太陽光の設備導入金額は初年度に全額損金計上することができるため、節税対策にも有効です。太陽光発電設備の設置費用の全額が費用!(初年度全額償却) ■ グリーン投資減税概要と対象者
⦿ 制度概要・・・以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できます。
   ① 普通償却に加えて取得価額の30%相当額の特別償却
   ② 中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の税額控除
⦿ 青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合
⦿ 太陽光発電設備は電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法に規定する
  認定発電設備でその出力が10キロワット以上であるものに限る

 詳しくは 資源エネルギー庁「グリーン投資減税」サイト http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/index.html をご確認ください。

―― 太陽光発電導入のメリット ――
【資産(遊休地)活用】

遊休地の活用で税金対策をお考えの方や駐車場やアパートを経営しているが収支があわないとお悩みの方にも導入の価値があります

【安定収益の確保】

固定価格買取制度開始に伴い、10kW以上の設備については買取期間は20年間と長期間の安定収益の確保が可能になります。

【不動産の環境価値向上】

環境配慮型のマンションやアパートとして、太陽光発電を設置することにより、エコ思考の顧客獲得で入居率のUPや共用部への電力補充にも役立てられ、物件へ価値の向上を図ることができます。

【企業イメージ向上】

太陽光発電は、環境問題とエネルギー問題を解決する手段として、近年大きな期待が寄せられています。CO2削減を実行し、環境問題への積極的な取り組みをアピールすることで、企業のイメージアップを図り、社会のエコ意識向上につながります。

【地球温暖化防止】
二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスをほとんど排出しない太陽光発電は、地球温暖化の防止に効果的です。
【エネルギーの創造】

化石燃料(石油・石炭・ガス)など、限りある地球資源を使わず、クリーンエネルギーを無限に生み出せるシステムです。

太陽光発電事業

ご予約・お問い合わせ

施工事例

画像
事業所屋根
埼玉県
太陽電池容量:15.00kW
画像
事業所屋根
新潟県
太陽電池容量:15.00kW
画像
工場屋根
福島県
太陽電池容量:12.00kW
画像
太陽光発電所
岩手県
太陽電池容量:30.50kW
画像
施設屋根
福島県
太陽電池容量:30.00kW